蒲田温泉





   

 
  


1937年(昭和12年)に湧出した東京の黒湯 ・天然温泉温泉を使用した銭湯です。泉質は、ナトリウム炭酸水素塩・塩化物鉱泉の黒湯で、神経痛、冷え性、疲労回復等に効果あります。浴場は室内のみで、黒湯の天然温泉、電気風呂、水風呂、ほか入浴料で使用可能なサウナがあります。基本43℃以上のあつ湯もあり 地元の方以外からも好評を頂いてます。2Fに大広間タイプの食事処あり 食事・飲食・休憩等できます。現在は1986年(昭和61年)7月に新築したハイツ内で営業しています。



 





黒湯の浴槽 洗い場を中心に浴場全景 玄関
小ロビー 2F 食事処 
大広間タイプです
1F カウンター





住所 ・ TEL 東京都大田区蒲田本町2-23-2         03-3732-1126
営業時間 10:00 〜 24:00
休業日  基本年中無休。  尚、2F食事処は毎週水曜日が休業日(水曜日祝日の場合は営業)。 
※ 各種メンテのため店舗休業する場合もsります。2F食事処は貸切の場合は利用できません。
 交通 京急線 雑色駅・京急蒲田駅より共に徒歩13分
 JR京浜東北線、東急池上線・多摩川線 蒲田駅東口より徒歩11分。  

















浴場に シャンプー、リンス・ボディソープを御用意してます。 




 料金  2021年8月1日改定
大人 子供 ( 小学生以下 )
  入浴料 480円 180円
  レンタル フェイスタオル 50円
  レンタル バスタオル 200円
  販売 フェイスタオル 110円・260円
2種あり値段は異なります。








温泉 成分表
源泉名 蒲田温泉
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
pH 8.2
湧出量 毎分 50. 4 リットル
泉温 17.5℃
( 加熱し使用。測定時の外気温は22.8℃ ) 
蒸発残留物 1772mg/kg  ( 110℃ )
測定日 2009年5月21日  東京水質研究所
特徴 透明度10cm位の黒湯で無味、無香
効用
   神経痛、筋肉痛、関節痛、
五十肩、運動麻痺、冷え性、
関節のこわばり、打ち身、
慢性消化器病、痔疾、
病後回復期、疲労回復、
切り傷、火傷、慢性皮膚病。






現店舗営業開始年月日 1986年7月18日
( 創業 1937年 )